2010年9月の記事一覧

TOEICはそもそも何の役に立つのでしょう。
たとえば、次のようなことにメリットがあります。

・就職活動でのアピールポイントになる。
・会社での新入社員の評価や海外出張や赴任の基準になる。
・会社での昇格や昇進の条件になる場合がある。
・推薦入試を受けることができる。
・海外留学をするときに役立つ。

要するにあなたが英語コミュニケーション能力があるということを、第三者が点数でぱっと把握することができることが重要なのです。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

TOEICでよくある失敗は、独学でマイペースに勉強していたために、本番で時間配分がうまくできず、次第に焦り、持っている力を発揮できず、時間も足りず・・・悲しい結末になること。


TOEICはテストですから、英語スキルの他に「時間配分スキル」や「試験慣れ」は避けて通れません。


TOEICの模擬試験がどんどん受けられるサービスがあります。
それは『The Japan Times版TOEIC®テスト ウェブトレーニング』
(もう知っているかもしれませんね。東大・京大の生協でトップの売上げを誇るTOEIC対策本のウェブ版です)

TOEICテスト 新・最強トリプル模試TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試2TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3

月々2,480円でとても効率のいいTOEIC対策ができます。

7日間お試し500円というキャンペーンをやっていますので、とりあえずチャレンジしてみましょう。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

英会話スクールに通っているのに英語が上達しない
とても楽しく勉強しているけれど、しゃべれるようにはならない。

あなたもそうですか?

勘違いのポイントは
英語を習いに英会話学校に行く
という発想です。


習う・・・すなわち「英語をインプットしに英会話学校に行く」と考えているのです。

週に2回、1時間ずつ通ったとすると、ひと月でたった10時間。
一年で120時間しかない。

日本語のあまりしゃべれないネイティブの先生に教えてもらって
いったいどれだけ英語がインプットされるでしょうか・・・?


根本的に間違っています。
違うんです。

人間は既にインプットしてあるものしかアウトプットできないのです。

英会話スクールに行くなら「アウトプットの練習」をしに行くんです!


自宅であらかじめインプットした英語を英会話スクールに使いに行くんです。

英語を試すために英会話学校に行く
と考える。


土台を作ってから英会話学校に行くと驚く程効果が出ます。

先生が出すテーマに乗っかっていてはダメ。
あなたが主導するくらいのつもりで。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

ヤフーのTOEIC対策のサイトもとても充実しています。

例えば、TOEICデイリーミニテスト。
リスニングセクションとリーディングセクションそれぞれのセクションから日替わりで1問ずつ出題。解説も充実しています。

>> TOEICデイリーミニテスト

今日の問題 9月13日(月)などとして1問ずつ。
音声が立ち上がるのが比較的速いのでストレスがありません。

RSSを使ったりして毎日トライする習慣がつけばとても役立つでしょう。


毎日やるというところが一番の頭の使いどころかもしれませんが。。。


無料でもいろいろと役立つ道具は手に入りますね。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート
この国を出よ ファーストリテイリング・楽天が社内の英語公用語化を実施します。

他の企業でもこれに追従する動きが活発になっています。

英語スキルの重要性はこれまで以上に高まります。

結局、その評価を数字で出さなければ判断ができないので、わかりやすい指標としてTOEICスコアがまた重用視されることになります。

それではどんな企業で何点のTOEICスコアが必要になるのか見てみましょう。

900点富士通(海外大学院などに社費で留学する条件として)
800点日立製作所(経営幹部候補)
野村ホールディングス(新卒のグローバル型社員に求められる目安)
750点楽天(上級管理職の昇級条件として)
富士通(国内に社費通学するための条件)
730点日本IBM(次長の昇格条件)
三井物産(担当職2級の昇格条件)
帝人
三菱商事(課長昇級の条件)
700点楽天(中間管理職への昇格条件)
ファーストリテイリング(全社員の目標)
650点日立製作所(課長)
楽天(初級管理職への昇格条件)
600点トヨタ自動車(係長の昇格条件)
キヤノン(英語圏に赴任する際の条件)
富士通(全社員の目標)

目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

このページの上部へ

最近のピクチャ

サイト内検索