header_toeic.jpg

タグ「就職」の一覧

国際教養大学
国際教養大の図書館
2004年設立の若い大学なのに、全国から熱い視線を集めるのは秋田の国際教養大

就職率は毎年ほぼ100%。
有名な大企業への就職を決める卒業生も多いです。

国際教養大に入学すれば、就職は決まったようなもの!といわれます。

一番の売りは英語力

講義はすべて英語
教員の半分は外国人。
入学して1年は全寮制で、留学生といっしょに寝起きします。
入学してしばらくは1日10時間以上を英語の習得に費やすそうです。

そして1年間の海外留学
留学するためにはTOEFL550点をクリアしなければなりません。

英語の原書が多数ある図書館は24時間、365日オープン。
寮だから終電もないし、納得がいくまで勉強できる環境です。

英語だけでなく「三カ国語主義」を謳っているので、第二外国語の習得にも熱心で、実際英語よりさらにうまく話せるようになる学生も多いそうです。


全国の企業が注目する理由が国際教養大にはあります。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

「企業は英語力を重視しているから、いい会社に就職するなら英語は絶対必要だ」

よく耳にする言葉です。

たしかにそのとおりなのですが、声を大にして言っているのはどちらかというと英語産業です。

いわゆるキャッチコピーですね。

ものの売り方にはセオリーがあって、そのうちのひとつに
「脅してから売ると売れる」
というのがあります。


「英語ができないとヤバいよ〜ヤバいよ〜!しごとにつけないよ〜!」
と脅せばすんなり英語教材が売れるんですね。

どうせ英語を勉強するなら脅されてイヤイヤするより、
英語がしゃべれるようになったときにできること、楽しいこと、ふところの広くなった自分などなど
ポジティブなイメージ作りをして勉強しませんか?


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

このページの上部へ

最近のピクチャ

サイト内検索