header_toeic.jpg

英語に関するニュース 一覧

この国を出よ ファーストリテイリング・楽天が社内の英語公用語化を実施します。

他の企業でもこれに追従する動きが活発になっています。

英語スキルの重要性はこれまで以上に高まります。

結局、その評価を数字で出さなければ判断ができないので、わかりやすい指標としてTOEICスコアがまた重用視されることになります。

それではどんな企業で何点のTOEICスコアが必要になるのか見てみましょう。

900点富士通(海外大学院などに社費で留学する条件として)
800点日立製作所(経営幹部候補)
野村ホールディングス(新卒のグローバル型社員に求められる目安)
750点楽天(上級管理職の昇級条件として)
富士通(国内に社費通学するための条件)
730点日本IBM(次長の昇格条件)
三井物産(担当職2級の昇格条件)
帝人
三菱商事(課長昇級の条件)
700点楽天(中間管理職への昇格条件)
ファーストリテイリング(全社員の目標)
650点日立製作所(課長)
楽天(初級管理職への昇格条件)
600点トヨタ自動車(係長の昇格条件)
キヤノン(英語圏に赴任する際の条件)
富士通(全社員の目標)

目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

TOEICとは一体なんなのか。なんのためにあるのか。
そんな基本的事項を書いてみましょう。

TOEICは、『Test of English for International communication』の略称。
世界共通の英語によるコミュニケーション能力を評価するテストです。
世界約120ヶ国で実施されているワールドワイドな規模のテストです。
合格/不合格はなく、スコアで評価されます。
10点から990点まで。
評価の基準が常に一定なので、点数で自分の英語能力が判断できるのです。
だから、自分の点数の目標が設定しやすく、また第三者の評価の基準にもなるわけです。

リスニングは、45分100問のマークシート方式で、リーディングは75分100問のマークシート方式です。
リスニングリーディングで受動的な能力を測定し、スピーキングとライティングで能動的な能力を測定して、総合的な英語のコミュニケーション能力のレベルを測定できるのです。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

このページの上部へ

最近のピクチャ

サイト内検索