header_toeic.jpg

英語の勉強のコツ 一覧

TOEICリスニングパートはある意味ひっかけのない問題群です。

TOEICは英語の基本的コミュニケーション能力をテストするものですから、受験英語のような意地の悪いひっかけはありません。

実社会でよくある単純な質問にすなおに答えるという流れが基本です。


英語の疑問文というのは、百人一首のようなもの。

「ちは...」といえば「からくれない」
「きり」といえば「ころもかたしき」


「When...」ときたら必ず時間に関する答えです。
No,I don't.なんてのは一瞬で却下です。


要するに疑問のポイントだけを聞けば、半分くらいしか聞き取れなくても正解は得られるのです。
すると必死にすべてを聴く必要もなくなります。
耳にも脳にも余裕が生まれます。

そして、TOEICリスニングパートに多い話題は、
「時間の打ち合わせ」や
「場所を尋ねる」
「状況を尋ねる」
「お誘い」など。


それを訓練するには、
iPODやウォークマンにTOEIC模擬試験CDのリスニングパートをつっこんで、ランダム再生すること。
文章の頭をしっかり聴く訓練になり、高い効果を得られるはずです。


(参考:英語ハックス)


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

英語の勉強に「文法」は大切とはわかっていても、あまりそういう勉強はしたくないのが多くの人の共通するところ。

特に、日本語の説明を読みながら、英語の文法を勉強するというのが、学校の勉強や受験勉強みたいでなんだかいや〜な気分になりがち。

そういう気分から離れるには「ESL podcast」を使ってみることです。

ESL podcastはパソコンで無料で使える英語学習サイト。
とても有名なサイトです。

ESL podcast

https://www.eslpod.com/
アメリカの大学に留学するような人はよく知っていると思いますが、英語が母国語でなない人用に作られたオンラインの英語学習コースです。

日本語はまったく出てきません。

ゆっくりなスピードで、アメリカ人が英語を英語で説明してくれるのですから、すべてが役に立つわけです。

試しにサイトをひらいて左上の「トラベル」や「ビジネス」などちょっと気になったカテゴリのポッドキャストの一覧を見て、listenボタンを押してみましょう。
https://www.eslpod.com/


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

英語で夢を見るようになると、本格的に英語のできるひとになり始めた感じがします。

逆に英語で夢を見る確率を上げる方法もあります。

昔から「睡眠学習」というものは流行ります。

いまでも効果があるかどうかは実証、証明されていないようですが。
(脳学者によると、睡眠中には脳は「記憶の整理作業をしている」そうです。)

でも、寝ていて勉強が少しでも進む可能性があるならやってみたいという人は後を絶ちません。

なんてったってラクだし、お金もかからないし、我慢することもないから(笑

さて、英語で夢を見る方法はカンタンです。

毎日寝る直前に30分か1時間、英語の映画(字幕なし、内容をよく知っているもの)を見ることです。

続けていれば、ときどき英語の夢を見るようになります。

これが、すなわち「英語脳」!!
なんて単純なものではありません。


でも、英語の夢を見るということは、英語にふれている時間が多くなるのは確かなこと。
やってみる価値はあると思いませんか。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

日本では身内から犯罪者が出ると親や親族はとても肩身が狭いですが、
アメリカでは子供が犯罪者になっても親は特に非難されることはないそうです。


なぜそんな差が生まれるのか。


「ノーと言えない日本人」というフレーズ。
たしかにほとんどの人はそんな日本人。

たいていの日本人は奥ゆかしくてはっきり「NO」と言えません。

なんとか「NO」を言うときには笑い顔で毒を少なくしようとしたり、
ノーとはっきり言わないで、ニュアンスで伝わるように努力したりします。


でももっと根本的に考えると日本語のノーと英語のノーはそもそも意味が違うのです。

日本語のノーには集団との断絶の宣言が含まれます。

日本人は自分と集団とのかかわりあいを優先する文化を持っています。

「ノー」と言うとそのかかわりあいをも拒絶する意味合いが入ってしまう。

ねっとりしたノーです。

だから言いにくいんです。


逆に英語圏では個人個人がひとつの国みたいなアイデンティティーを持っていますから、
ノーと言っても別に困ることはなにもない。

単なるあっさりしたノーなわけです。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

TOEICのリスニングテストでスコアをど〜んと落としてしまう要因は「迷い」。

人間は迷う生き物です。

しかも緊張感のある中で耳だけから入ってくる情報に確実性は期待できません。
すると答えに迷います。

迷ったままその問題にひきずられていたら、次の問題が頭に入ってこなくなり、わかるはずの内容がわからなくなり、またその次もわからなくなり・・・・。

大連鎖でめちゃくちゃに・・・(ノД`)


人間ならよくあることです。


その連鎖を断ち切るためには、コツがあります。

コツといっても練習が必要です。

TOEICの模擬試験や問題集を解くときに、迷いを断ち切る練習をします。
迷いはじめたら「これかな?」のレベルでスパッと解答し、次に行く練習です。

だれでも直感というのはすごい能力なのです。
直感は当たります。かなりの確率で。
たとえ直感でその1問を落としたとしても、全体の中のたったの1問です。
迷って大連鎖で壊滅するよりもいいですよね。


直感で解答するにも訓練は必要です。
完璧主義の傾向のある人はなおさらです。


たまにはちょっと気持ちを楽にして、直感を磨くTOEIC対策をしてみませんか?


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

日本人が理想とするカリフォルニア系の英語の発音には、なにか大きな壁がありますよね。
子供のしゃべるのを聴いていても、なんだかかっこよく感じるというような。

イギリスの英語ならカタカナっぽくて、近づきやすいのですが。それは目指さない日本人が多い。


 
さて、

英語の上達スピードを上げるには、自分がつまらなく感じる勉強法をチョイスするより、好きなことと結びつけて勉強するほうがはるかに効率がよくなります。

もし、有名なハリウッドスターの誰かがすごく好きなら、その人の英語を真似したりイメージしたりして、なりきって英語を話したり、英文を読んだりする。
「なりきったつもり」
これはとても効果があります。


あなたがその英語の感じを鮮明にイメージできるからです。

なりきるとなぜかイントネーションやリズムが途端に良くなります。

身振り手振りもマネしたほうがよいでしょう。
日本人は静止して話す人が多いですからね。


そのハリウッドスターの英語がイマイチイメージできていないようなら、まず映画のDVDを借りてきましょう。
youtubeならすぐに見つかるかもしれません。

たとえば、ジョニーデップのインタビュー


もっと便利なアイテムもあります。
ハリウッドスターのインタビューCDを買えばよいのです。
考えながらしゃべっている生の声ですし、英語学習用に単語の意味や日本語訳までもついている親切な仕様になっています。


例)キアヌ・リーブスとレニー・ゼルウィガーのインタビュー


ジョニー・デップ、トム・クルーズ、レオナルド・ディカプリオ、アーノルド・シュワルツェネッガー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・ジョリー、キアヌ・リーブス、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、サンドラ・ブロックなどなど多数あります。
映画スター以外にはロックスターのシリーズも。

本屋さんの英語教材コーナーを探してみましょう。
またはアマゾンなどでパッと注文してしまいましょう!


『ENGLISH JOURNAL』編集の「ハリウッドスターの英語」シリーズもおススメ!
ハリウッドスターの英語―イングリッシュ・ジャーナル・セレクション (イングリッシュ・ジャーナル・セレクション)
ハリウッドスターの英語―イングリッシュ・ジャーナル・セレクション (イングリッシュ・ジャーナル・セレクション)

アドバイスをいくつか引用。

● 英語も聞いているだけでは発音は上手くなりません。
口、舌、鼻、喉、全て日本語を発声するときと使い方が違います。
つまり、これはスポーツの如く練習しなければ上手くなりません。

● 英語らしく話すには、子音母音の個々の発音よりも、アクセントや抑揚が重要だったりします。
文章を発声する時には、ストレスを置くところを強く、それ以外はすっと力を抜いて話すと、一気に英語らしくなり、突然ネイティブに通じるようになるので爽快です。

● 「子音を子音だけで発声する練習」は必要、とてもとても重要。


● 英語で使う「音」と日本語の「音」の共通点って1割しかない。9割の音は、日本人にはなじみがない音ということ。


● 人間の脳の働きは便利でもあり、やっかいでもある。
たとえば、勝手に聴いた音を変換する。
butとバットに変換するわけです。
英語の音を知らない人はわかったつもりでも近いカタカナ音に変換して記憶してしまう。
しばらく経ってbutを聴いてもその記憶はもう脳にはないのです。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

他の勉強でも経験したことがあると思いますが、TOEICもいままで順調にスコアを伸ばしてきたのに、ピタッと伸びが停まる時期があります。
決して英語の勉強をさぼっているわけではないのに。
だいたいなんの勉強でも伸び悩んでいる段階は次への大きなステップアップの準備期間であることが多いのですが、自分で進歩が見えないとモチベーションの維持がちょっとつらいですね。

壁にぶつかってしまうと、TOEIC自体をあきらめてしまう人も多いかもしれません。

スコアが伸び悩んだ時はどういった対処法を行ったらいいかというと・・・、
結局は一般的なアドバイスしか役に立ちません。
魔法のような方法はないのです。


スコアが上がらないということは、今までの勉強方法に限界がきたということ。
ハイレベルな勉強法に変えていかねばならないという啓示だということ。
今まで自分がどういう勉強をしてきたか、振り返ってみる、
今まで使っていた参考書のレベルを見る、
TOEICに詳しい先輩に相談する、
信頼の置ける先生や仲間に相談する、
今までとは全く違う勉強法を積極的に試してみる、
など。

そういったもがくような苦労をすれば、あなたは次のステージに上がれるはずです!


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

TOEICテストに限らず、試験で持っている実力をちゃんと発揮するには経験と慣れが必要です。
TOEIC試験前日と、当日の心構えについて注意点を挙げてみましょう。

TOEIC試験前日
試験場へのアクセスを確認。できればロケハンしておくと当日とても落ち着きます。
受験票・鉛筆・消しゴム・鉛筆削り・腕時計などは前日までにそろえておきます。
眠くなくても早くベッドに入ります。徹夜しても得はありません。

TOEIC試験当日
起床は少なくとも試験の3時間前までに。
朝食は絶対に抜かない。
1時間前に会場に着きます。
移動中にiPodなどでリスニングのための耳慣らし。
騒々しい電車の中で聴くより、試験会場のほうが楽に感じれたらしめたもの。
トイレは一度行っておきます。行っておかないと、試験中に行きたくなったとき探さねばなりません。(小学生への注意のようですが)
分からない問題は必ず当てずっぽうで答えを埋めること!


以上、たいした項目はありませんが、こういう基本をすっとばすと、急に焦ったりしてせっかくのいままでの積み重ねが水の泡になります。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

TOEICの勉強を経済的な理由から「無料でできないかなあ。」
なんて思う方もおられるかもしれません。

無料とはいかないまでも、1冊だけCDのついた教本を買い、ほかには手を出さないでひたすらその本を極める、というのも理にかなったやり方です。
少なくとも次々と新しい本や教材を買ってきては3日坊主・・・というよりはいいでしょう。


まあ、教科書にもお金をかけたくなければ、誰かの使った教材をもらってきて使うという方法もありますが、いかんせん中古の教材というのは、やる気を盛り上げてくれないものです。
それ以前に、中古の教材を探すのに労力も要るし、なにより無駄なのが、時間がかかるということです。

独力で本1冊で、さほどお金をかけずに、700点とか800点ものスコアを取っている人もたくさんいます。

要するに無料であろうが、超高額であろうが、あまり差はなく、本人のやる気と持久力で結果は変わるということです。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

日本人って英語がしゃべれる人をなんだかすごい人だと思う傾向がありますね。

良い発音で英語を話す人を、その人自体の人間としてのレベルがいけてなくても、素晴らしい能力を持った人物のように感じてしまう・・・。


なぜこんなにも日本人はなぜ英語に憧れるのでしょうか?


これも歴史をひもとけば見えてくる理由があります。


第一に、日本人は母国語である日本語を禁止されることが一度もなかったという事実があります。

英米の植民地になったアジアやアフリカの諸国では自国の言語の使用を制限または禁止されて、英語を強制されるといった言語的被害者の経験をしています。
その結果、英語を憎みつつも英語が使えるという人が増えたわけです。


外国語をありがたがる民族は日本人以外にはいません。


日本ではそのような事態を一度も経験していないので、のんきなものです。
そんな中で、自分から外国語を学んで海外に出た上層部の日本人がえらく出世し、経済的にも成功したことから、『英語のできる人は社会的にエリート』という観念が生まれたようです。


これが日本人が英語に対して抱く異様な憧れ感情の根源ではないでしょうか。


目標スコアがはっきりしているならこれ。最速達成への最短ルート

このページの上部へ

最近のピクチャ

サイト内検索